妊婦の貧血の原因と予防法

妊婦の貧血の原因は鉄分不足や葉酸のようなビタミン不足です。特に妊娠中期から後期にかけて貧血と診断される方が多いです。

 

筆者も妊娠後期には貧血と診断されました。

 

母子手帳にも妊娠中の貧血など健康に関する情報が書かれています。

 

赤血球内のヘモグロビンという成分が不足することにより貧血が起こるといわれており、妊婦さんは胎児に栄養のはいった血液を胎児にむかって噴射するように血液を送り続けます。妊娠中期になると胎児も成長して血液の量が増えるため鉄分が不足して鉄欠乏性貧血になるケースがあると言われています。

 

この場合は鉄分をしっかり摂取する事が対策の一つで、産婦人科などでも貧血と診断された場合には鉄剤を処方することもあります。

 

貧血の予防法としては、貧血になる原因に繋がる赤血球を作るために必要な栄養を食事や栄養補助食品でしっかりと補うことが基本とされています。

 

赤血球を作るのに必要な鉄分と造血作用のあるビタミンC、ビタミンB12、葉酸を基本とした栄養を十分に摂取する必要があります。

 

ビタミンCは果物に多く含まれています。とくに葉酸は赤血球を作るのに関わるとされている栄養素です。しかし葉酸というビタミンは水に溶けやすい特徴で摂取しにくいビタミンです。妊婦さんは食事と付加量を合わせて葉酸1日480μgμg必要とされ効率よく摂取するには一度に沢山を摂るのではなく、3食の中でバランス良く補うことが貧血予防では大切と言われています。胎児の成長と貧血予防のためにバランスのよい食生活とあわせて栄養補助食品でしっかりと補うことが大切です。栄養バランスの補助にも役立つ葉酸サプリは不足しがちな栄養も補えますので、健康維持に役立てましょう。

 

貧血予防のための食生活サポートには鉄分も配合したベルタ葉酸サプリがおすすめです

 

妊婦,貧血,原因,予防