神経管閉鎖障害とは?

神経管閉鎖障害といっても一般の人にはなかなか聞き慣れない難しい言葉です。妊娠を計画した時、リスクについて考えた時期に調べた神経管閉鎖障害についての情報をご紹介します。

 

神経管閉鎖障害は妊娠初期の細胞分裂を繰り返す胎児が形成されていく大切な時期に稀に起こるとされる先天性のリスクとされています。遺伝要因や高齢出産での精子の老化・卵子の老化が原因であるとも言われています。

 

神経管閉鎖障害には2種類あります。
ひとつは二分脊椎症という障害で妊娠初期に起こる先天性異常です。簡単にいうと運動障害です。膀胱・直腸機能障害も起きる場合もあるとされています。もうひとつは無脳症です。無脳症とは神経管の上部で閉鎖障害がおきます。
簡単に言うと脳が作られる大事な時期に必要な栄養が不足すると脳の形成不全となり作られなくなり無脳症となる可能性があるというもの。
無脳症は流産やお腹で育っても死産になる場合があるようです。

 

 

神経管閉鎖障害と葉酸の関係とリスク低減について

神経管閉鎖障害の予防・リスク低減の一つとして葉酸摂取が推奨されています。
妊娠前からの積極的な摂取で赤ちゃんの神経管閉鎖障害が起こるリスクを低くしてくれることがわかっています。

 

参考:厚生労働省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」

 

妊娠すると胎児にどんどん栄養を送るため多くの葉酸をはじめとするビタミンが必要になります。
妊婦さんに必要な葉酸やビタミンB群は食事から摂取しにくく不足しがちになります。
とくに、妊娠初期は受精した瞬間からどんどん細胞分裂が行われます。
細胞が形成されるには葉酸が必要で、妊娠初期に葉酸が不足することによって神経管閉鎖障害のリスクが高まるという結果もでています。
妊娠計画をしてから葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害リスクの低減が判っており、厚生労働省では妊娠を計画されている方、妊娠初期3カ月までは食事からの葉酸摂取に加えて、栄養補助食品などから1日400μgを付加的に摂取することが推奨されています。

 

また妊娠中、産後の授乳期も通常の葉酸摂取の推奨量に付加量が定められています。

 

参考:「日本人の食事摂取量基準2015年」

 

そのため妊娠前の1ヶ月から妊娠初期の3か月ぐらいまでは特にしっかりと葉酸を摂取して神経管閉鎖障害のリスクを減らすことを意識する必要があるわけです。
葉酸は妊娠中に必要というイメージが大きいですが、細胞を作るときに必要な栄養素であり最近では若い方から中高年の健康維持、促進にも必要な栄養素です。
葉酸は肉や野菜に多く含まれる栄養素で、食材から1日に必要な量をすべてまかなう方が理想的です。
野菜中心にしたバランスのよい食生活を意識すれば葉酸不足にはならないようですが、実際は食の欧米化や野菜の高騰などを背景に現代人は葉酸不足になる傾向にあります。
妊娠初期の食事プラス1日400μgの葉酸付加量を食材だけでとることはなかなか難しいということで近年では葉酸サプリでの補給が推奨されています。
また、葉酸という栄養素は水溶性で体内からすぐ流れるため吸収されにくいとも言われています。
葉酸サプリは体内での利用効率が高いモノグルタミン酸型葉酸を摂取することが推奨されており、ほとんどの葉酸サプリがモノグルタミン酸型葉酸を補給できる内容となっています。

 

こういったリスクの低減の一つとして、厚生労働省では妊娠を計画している方、妊娠の可能性がある方に対して葉酸を食事からの摂取(食事でも推奨量に付加量が定められています。)に加えて、栄養補助食品などから1日400μgの葉酸を摂取することで、リスク低減が期待できるため、葉酸サプリを飲むことが勧められているわけですね。

 

筆者が妊娠を計画した時に調べ、妊娠発覚時には実際に助産師さんや先生に質問をして教えてもらった内容ですが、より詳しく知りたい場合には専門の方に質問をすることをおすすめします。

 

 

神経管閉鎖障害,葉酸,関係,予防